「NBA2K16」プレイした感想…My CAREERモードが面白すぎてヤバイ件

投稿日:2016年6月17日 更新日: 9,214 views



ずっと以前からやってみたかったけど買わせてもらえず、たまたまPlayStation+のフリープレイに出てきたテイクツー・インタラクティブ・ジャパンの「NBA2K16」をプレイしてみたので、ちょっとした感想でも書いておきます。

ビックリしたのはストーリーモードに近い立ち位置の「My CAREER」の完成度の高さです。これだけでもやる価値があると言えるぐらいです…あまりにも楽しかったのでこの記事を書こうと思いました(笑)

これまでサッカーゲームやバスケットゲームをちょこちょこやってきましたが、これまでのスポーツゲームで「選手の人生を体感しよう」的なモードはいくつかありましたが、最高傑作だと思ったレベルです。

NBA2K16の面白さを紹介すると共に今回はこの「My CAREER」について紹介したいと思います。

NBA2K16はリアルで非常に面白い

かつては「NBA LIVE」を毎年買ってたぐらい、実は僕はバスケットゲームにハマっていた時期があります。

ウイニングイレブンがダメになってきた頃、いつもNBA LIVEをやっていました。元々NBAにハマっていた時期もあるので、バスケット自体は見るのも結構好きです。サッカー以上に実際にやると下手ですけど…(笑)

堅実にプレーする事を求められる

普通にバスケットそのものがそういうスポーツなんですが、派手なブロックやスティールを安易に狙い過ぎるより、確実に相手の前に立ってプレーの邪魔をするのが大事なスポーツです。

スティールするよりも前に立ってシュートやドリブルが出来ないようにする事。ブロックを確実に決めるよりもとりあえずシュートの邪魔をする事を考える方が上手く行く。

相手がシュートを打ってきたらブロックに飛ぶのはもちろん大事ですけど、実際にブロックをかますよりジャンプする事でジャンプシュートの邪魔を出来ればOKなんです。

スティールなんか特にそうでして、別にスティールする必要は全くない!(笑)出来ればラッキーですけど、基本的に狙うのは博打に近いです…成功したら速攻で得点を奪うチャンスにはなりますけど…。

ドリブルで抜く事が難しい

レブロン・ジェイムスなどのスーパースターを操作しても、ドリブルで抜くのが結構難しいです…(笑)

僕は実際に使ってみても全然上手くいきませんでした…。ドリブルで単体で抜くよりもチームとしての動きの方を求められるゲームになっています。

ボールを持ったらとりあえず特攻、じゃなくて他の選手がフリーランニングでフリーになってそこにパスを出したり、スクリーンを上手く使う事を求められます。

これまた実際にバスケット自体がそういうスポーツなので、要するに「ゲームと言えどリアルと同じようにプレーしないと上手くいかないよ」ってゲームバランスにはなっていると思います。

NBA LIVEの時はとりあえず無双してやりまくる事が出来てたので、そこの差はあるかなーと思います…(笑)

複雑な操作が結構多い

スクリーンアウトなどにも操作が必要な事はもちろんですが、ボールを持った時の操作も結構豊富です。Rスティックを上手く使って色々なムーブを使う事が出来ます。

これを全部覚えるのが凄く大変…シュートd家で15種類とかあるわけですし…。

でも覚えると凄くゲームが楽しくなる。特にスクリーンに関しては自分でやる時に非常に重要なので早目に覚えたい…ってかやらないと勝てない(笑)

操作が複雑だから大変ですが、覚えれば覚えるほど楽しくなるので早目にやってみる事をオススメします。

My CAREERの面白さについて

My CAREER(マイキャリア)はそのままで、選手自身となってバスケット選手人生を体験するモードになります。最初に選手を作って自分好みのポジションなどを選択するとストーリー付きで始まります。

僕はストーリーは興味なかったので全部スキップしました。◯ボタンを押せばスキップ可能です(笑)

高校生→大学生→NBA入団と言う流れになるんですが、途中まではそこまで楽しくありません。一番楽しくなるのはNBAに入ってから、そして二年目に入ってからです。

最初はやれる事が少ない

大学生まではほとんど試合にフルタイム出られる事になりますが、1クオーター2分設定、大学は前後半4分づつと短い試合設定になっています。

その上でやれる事をやれば良い感じ、僕は試合の難易度は一つ上げた程度でプレーしましたが普通に全勝出来ました。

その状態で大学一年が終わった時点でNBAドラフトで一巡目9位指名ぐらいでマイアミ・ヒートに入団しました。

NBA入りしてからやれる事が増えてどんどん楽しくなります。

給料で選手の強化が可能に

このゲームにはゲーム内通貨があります。課金して買う事も可能ですが、僕は無課金プレイヤーなのでしていません(笑)

この硬貨はMy CAREERではなく普通にクイックプレイで試合をしても一応もらえます。ちょっと難易度を高めにして1クオーター12分設定で数試合やってみたんですが、1試合1000ぐらいはもらえました。

それでちょっと選手を強化していく事になります。強化項目は「ジャンプシュート」「インサイドシュート」「アスリート(ダンクとか足の速さとか)」などに分かれています。好きな項目を強化していく感じ。

最初はヤバいぐらい性能が低いので徐々に強くしないといけません。NBAに入団してからは試合ごとに給料が支払われます。その中にはプレー内容の評価によって量が変わるのもあるので、これが面白い!

1プレーごとに評価される

試合中の自分の行動をコーチが評価していくメーターが常に出ているのですが、これが非常に面白いです。

例えば自分がディフェンスでマーカーから離れても減点されますし、自分が明らかに相手に抜かれてゴールを決められても減点されます(笑)

逆にしっかりマークについてパスを取らせず、それで味方がシュートを防いでくれたらそれでも「良いディフェンスポジションだった」として好評価がつきます。

守備に貢献すればどのような形でも高評価がつくんです。ゴール・アシスト・リバウンド・ブロック・スティールをしても当然つきますが、それ以外の点でもつきます。

攻撃面ではスクリーンをしても高評価がつくし、スペースを作る動きをしてもつきます。アシストをしなくても良いパス回しをしても評価してくれます。

これまた実際のバスケットもそういうものじゃないですか、ロールプレイヤーとしての動きも評価してくれるんですよちゃんと!

しかもそれでちゃんとご褒美(給料アップ)があるのが凄く楽しい…。僕がこういうスポーツゲームに求めていたのはこの「地味なプレーの評価」なんですよ!!(笑)

これがある時点で「NBA2K16最高じゃあああん!」って一人でテンション上がってプレイしてます(笑)

二年目からは自由度が更に増す

僕は二年目に入った時点でオーランド・マジックに移籍しました。理由はプレータイムを現状の「22分」から「35分」に伸ばすという条件があったからです…あとお給料(能力を上げるために必要な硬貨)が高くなるので…お金に目がくらみました…(笑)

そしてこの二年目からは休日→試合というサイクルが出てきます。この休日に様々な事をして能力を上げる事が可能になります。

ファンとのイベントに出たり、練習してスキルを磨いたり出来るわけです。これまた非常に面白い。

まだ二年目なのでこれ以降についてはわかりませんが、プレイタイムが伸びる事で成績を伸ばすチャンスが増えるのでそれもまた楽しいですね!!

でもまだ雑魚ですけど!総合値65ぐらいですけど!よくこれでスターターやってるなマジで(笑)

スポンサードリンク

NBA2Kシリーズは今後も買うかも

これまでやってきたスポーツゲームで個人的には一番面白いです。しばらくはこれにハマってそうなレベル…。

出来ればフリープレイが終わってからも買おうかと思ったんですけど、未だにAmazonでかなり高いお値段になっていてちょっと引きました…(笑)

どうせ買うならNBA2k17からかなー!とか思いつつ…ゲームにあまり時間を取られるのもどうかとは自分でも思うんですけど…でもやっぱり面白い…この面白さはヤバイです…(笑)

ってわけでバスケットが好きな人は是非一度お試しあれ!2016年6月現在はPS4のフリープレイに着ているので、試しにダウンロードしてやってみる事をオススメします。

僕はかなり楽しめてますよー!!今月はこれにハマりそう…。

関連記事

NBA2K16のマイキャリアで選手を効率的に育てる方法…スキルアップグレード数は増やせます

NBA2K16のマイキャリアモードを結構やりこんできたので、今回はマイキャリアモードで選手を育てる際の攻略法について紹介したいと思います。 マイパークでも同じキャラを使えるので、マイパークを使うとまた ...

Copyright© ゲーム攻略ブログ げむろぐ , 2017 AllRights Reserved.