「魔女と百騎兵」序盤の簡単な攻略方法と武器防具等のアイテム集めのコツ編

投稿日:2013年7月26日 更新日: 2,676 views

魔女と百騎兵

日本一ソフトウェアより発売中のPS3用アクションRPG「魔女と百騎兵」の序盤についての攻略法をちょびっと書いておきたいと思います。地味に面白くてハマってまんねん( ゚ω゚)


ステージごとに絶対ボーナスポイントはマックスにした方が良い

「魔女と百騎兵」では同じステージに何度もチャレンジ出来るので、何度か同じステージにチャレンジする方が良さそうです。

適当にプレーしたまま3つ目のステージに突っ込んだら、3人ぐらいに囲まれたら即死するって言う恐ろしい状態になっていました。

それもそのはず私は守備力が上がってないまま戦っていたのです(^q^)←アホ

って事でその辺りから真剣にレベル溜めとかするようになりましたw

ボーナスポイントをマックスまで貯めると良い武器防具を手にする事が出来ます。これが地味に凄く効いてきます。

だから絶対にボーナスポイントはマックスまで溜める方が良いです。

ボーナスアイテムが悪ければ撤退しても良い

ボーナスアイテムはステージに入る度に変わるので、ボーナスアイテムが要らないものばかりなら撤退するのも手です。

一度撤退してまた戻って戦えば問題ないアル!

特に防具が欲しい時はそうやってねばるのは大事だと思います。

私は地味に3ステージ目の時点で守備力2の防具を装備してましたが、ここで守備力16とかを手に入れて「そりゃ即死するわな」と納得しました、ハイw

とりあえず単純な話ですが、これやるだけでも凄い楽になるんで是非!w

スポンサードリンク

厳しいならすぐに撤退するのも大事

3つ目のステージで一気に敵が強くなるので、そこでは最初のフラワーさん(正式名称忘れました)を咲かせて、その近辺でレベル溜めするとベターです。

レベル溜めしてれば良い武具も落としていくので、ある程度戦って「あ、これ以上は死ぬわ…」と思ったら迷わず帰るのも手です。地味に私はそうやって何とかしましたw

ただ撤退する時はフラワーさんから撤退しないと拾ったアイテムを手放す事にもなると思うので、フラワーさんを一つ開けて、フラワーさんから帰って下さいね。

回復はガンガン使って良い

このゲームはL2を押してアイテムを開いて使う事が出来るんですが、回復アイテムは地味にかなり余ってきます。だからガンガン使っちゃって良いです。レベル溜めの際にガンガン使って、ある程度装備が揃ったら使わなくすれば良いだけの話で、十分余ります。

回復アイテムを使うようにするだけでも凄く楽になると思うので使うよろし、ちなみに気づかず苦戦した馬鹿が私です。

スポンサードリンク

強い敵の対処法

これ書いてないと意味ないんで書いておきますが、強い敵と出くわした場合、一対一ならなんとでもなりますが、囲まれたりした際の対処を一応説明しておきます。

私は一端ある程度逃げて、敵を一塊にしてます。ある程度固まってきたら迎え撃って1~2回攻撃してから的に向かって×を軽く押してジャンプして通り過ぎてから、また迎え撃って攻撃→ジャーンプ。でやり過ごしています。

囲まれたら即死する状態からこうやって戦って何とか生き延びました(マジで大変でした)

後は敵もアイテムをちょくちょく落とすので、そこで良いアイテムが手に入ったらラッキーって所です。無理に先を進むことばかり考えず、こうやってコツコツレベル溜めするのも楽しいですよ( ゚ω゚)

それにしても本当に百騎兵が可愛すぎてヤバイわこのゲーム…w

関連記事

魔女と百騎兵
「魔女と百騎兵」序盤をプレイしてみた感想と評価…カメラワークに難があるがこれまた面白い!そして百騎兵が可愛い!

日本一ソフトウェアより本日発売されたPS3用アクションRPG「魔女と百騎兵」の序盤をプレイしてみた感想を書きたいと思います。 これまたあくまで序盤の感想なので今後のプレイによって評価が大きく変わる可能 ...

魔女と百騎兵
「魔女と百騎兵」攻略するための基礎知識…システムに従順に合わせてカオスリバレーションを使えば大体のボスは倒し方関係なく勝てます

「魔女と百騎兵」の攻略法について、まぁ11章までの話ですが簡単にクリアしていける方法について大体わかったので説明をして行きたいと思います。

魔女と百騎兵
「魔女と百騎兵」クリアした感想と評価…ストーリーが最高だし名作に相応しいけど11章をクリアする際だけは注意!!

日本一ソフトウェアより発売されているPS3用アクションRPG「魔女と百騎兵」をクリア(仮)したので感想について書いておこうと思います。 実はここ数日ずっとハマってまして、ずっとプレイしてました。 おか ...

Copyright© ゲーム攻略ブログ げむろぐ , 2016 AllRights Reserved.