「桃太郎電鉄2017」COMプレイヤーには楽勝出来る基本的な攻略まとめ

投稿日: 1,150 views



桃太郎電鉄シリーズではおなじみの手法にはなりますが、少なくともCPUには簡単に勝つ事が出来る程度の攻略法を紹介したいと思います。

50年ぐらいプレイをしてみて「これが最もベターだな」と感じた手法でもあります。

ただ僕は面倒くさがりなので物件の収益率の高さどうこうは適当にしか見てません。あくまで「基本はこれを抑えれば勝てる」ってぐらいのものだと思っておいてください。

スポンサードリンク

最初は特急周遊カードを複数持っておく

桃鉄では基本的に「急行系カードを常に持ち続ける」事が必要になります。

急行系カードを持ち続ける事で目的地に早く着く事はもちろん、貧乏神を他のキャラになすりつけやすくなるので、この急行系カードを極力大量に持っておく事が最も簡単な攻略方法となるのです。

そして周遊系のカードは何度も使用する事が出来るので最低でも2~3個は常に持ち続ける方が良いでしょう。物件を購入するよりも最初はまずこちらが重要となります。

どれを買うかは持ち金と相談しよう

最初はどうしてもお金が足りないので、最悪「急行周遊カード」でも問題はありません。

出来れば「特急周遊カード」の方が好ましいのは事実ですが、無理な時は諦めて急行周遊カードを買っておきましょう。

グランクラスカードを手に入れよう

東日本大震災の影響で最初は「震災駅」となっている東北にある「宮古駅」ですが、カード駅として復活させると「グランクラスカード」「目的地の隣カード」が普通に売っています。

金額は8億円とちょっと高いんですが、グランクラスカードは使うと6個のサイコロで移動する事が可能で、しかも複数回使える周遊系のカードとなります。

「目的地の隣カード」は読んで字のごとくの目的地の隣にぶっ飛ぶ事が可能なカードです。

これがあるだけでほとんど無双状態になるので、このカードだけ持っておけば問題ありません。必要とあれば「スペシャルカード(1〜6の好きな数字を出す事が出来る)」も売っているので、それも一緒に買っておけば確実に目的地にたどり着く事が可能になります。

僕は常にグランクラスカードを複数持ち続けるようにすることで確実に自分に貧乏神がつかないようにコントロールする事でぶっちぎりで勝ち続けるようにしていました。

急行系カードを使ったらYで行ける場所を確認する

グランクラスカードやのぞみカードなどを使うと、特に「どこに行けるかよくわからない」状態に陥ります。

必ずその際にYで行ける場所を確認するようにしましょう。

また目的地にたどり着きたい場合は、その上でぐるぐる回れる線路付近に滞在しておくと、目的地に着きやすくなるので活用しましょう。

リスクを考えるなら農林物件を多めに買っておく

金額がマイナスになった際に普通の物件を売る事でマイナスを解消しようとするのが桃鉄です。

ですが農林物件は何故かこの際に売る事はしません。そのため決算でそのまま農林物件分の売り上げは計上される事になるので、売り上げを残す事が可能になります。

最初は農林物件は収益が低いので敬遠するものですが、ある程度金額に余裕が出たらむしろ農林物件こそ買いまくるべきものになります。

CPUがそれをやってきまして、破産をしているのに決算で40億ぐらい入ってくる…と言うわけのわからん状態になってました(笑)

スポンサードリンク

最初は買い占めを狙いまくる

金額があまりない状態では基本的に駅の物件を買い占める事を優先します。また逆に他の社長さんには買い占められないようにどこかの物件を一つだけ買っておいたりするのも戦略として重要になります。

桃鉄では物件を買い占める事で収益が2倍になるのでこの量によって収益が大きく異なります。

基本中の基本ですがこれをやるだけで簡単に収益は上げられます。

買い占めて行けば歴史偉人が味方になる

買い占めを続けて行くと、歴史偉人が味方になります。これがかなり強力なのでガンガン活用しましょう。

特に敵を動けなくしてくれる偉人がいたりするので、そういうキャラを味方陣営につけておくとめちゃくちゃ楽になります。うざい敵キャラはガンガン身動きを取れなくしましょう。

貧乏神を確実に避けよう

貧乏神を確実に避ける事が桃鉄で勝つための秘訣になります。

ここでは確実に避けるために必要な事を一応書いておきます。

急行系で確実に避ける

急行系カードを持っておく事で、仮に自分についてもすぐに周囲の社長さんになすりつけたり、すぐに目的地に飛ぶ事が可能になるので、確実にいくつかは保持をしておきます。

足りなくなりそうになったら、目的地より先にカード駅を目指して確実に補充しておく事。

出来ればグランクラスカードがベターですが、最低でも特急周遊だけでもいくつか保持し続ける事をオススメします。

周囲をぶっちぎってゴールしない

目的地に確実に入るのも大事ですが、あまりにも周囲の社長さんと離れてゴールをすると、もし次の目的地が他の社長さんの近くの場合、自分だけ離れた状態でゴールされる可能性が高まります。

こうなると目的地に着いた直後に他の社長さんが目的地に着いてしまい、自分が離れた状態で貧乏神をつけられる可能性が高まります。

目的地に入る時には、最低でも自分の1ターンでなすりつけられる距離に他のキャラクターがいる状態でゴールしましょう!

そういう意味では僕は銀河鉄道カードもあまりオススメしていません。あれで昔僕はキングボンビーにボンビラス星に連れてかれて破産した事があります…(笑)

☆飛びカードで体制を立て直す

☆飛びカードはかなり優秀で、近くのカード駅にぶっ飛ぶ事が出来ます。

これを使うと貧乏神のなすりつけ合いをしている時に、意図した方向にぶっ飛ぶ事も可能になります。

もちろん急行系カードを補充するために使用するのも手です。

これらを活用すると大体なんとかなる…はずです…(笑)

カードを封じられるのと冬眠はどうしようもない

今回やってて感じたのは、カードを封じられてしまうのと、冬眠をされるのはもうどうしようもないな…ってのが正直な所です。

またさくまさんなどによる「絶好調」状態に関してもどうしようもない。絶不調カードでも持っておいて封じるぐらいしかないですかね…。

嫌がらせをしすぎて喧嘩をしないように

ただ基本的にはそこまで考えなくても楽に勝つ事は出来ると個人的には思っているので、この最低限の基礎的な攻略があればCOMプレイヤーには普通に勝てるんじゃないかな…。

生身の人間が相手だと一概には言えない部分もあるのでなんともいえませんけどね!(笑)

一人で遊ぶ分にはこれで楽勝だとは思います。後はやり過ぎて友人や恋人、家族間で喧嘩をしないようにお気をつけて…(笑)

個人的にはあまり攻撃系のカードは使ってません。それよりも自分が良くなる方向でカード集めてます。

ただ腹たったら全力で殺しに行きます(笑)

関連記事

「桃太郎電鉄2017」プレイした感想まとめ…まともに複数対戦をするならソフトは人数分必要です

待ちに待った桃太郎電鉄の最新作が2016年12月22日に発売されてまして、それを実は発売日に購入して年末年始は本当に家族で桃鉄を楽しんでいました。 このゲームに関しては攻略なんてものはほとんど存在しな ...

Copyright© ゲーム攻略ブログ げむろぐ , 2017 AllRights Reserved.