「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」クリアした感想と評価…疑いようがない神ゲーでした

投稿日: 3,699 views



ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをクリアしたのでプレイした感想と評価を書いておきたいと思います。

これはガチの神ゲーでした…Switchの性能も込みで、本当に良いゲームだったと思います。これ1本でSwitchを買った価値がある…とまでは言いません、結構高いので(笑)

それでもこのゲーム自体は十分ソフトを購入するだけの金額を支払う価値はあると思いました。また洋ゲー好きも楽しめますねいつものオープンワールドアクションゲームなので(笑)

スポンサードリンク

王道のオープンワールドアクションゲーム

例えば過去に僕が紹介した作品では「アサシンクリード」「メタルギアソリッド5ザ・ファントムペイン」「ファークライ」などがこれに値します。

TPS的な第三者視点で繰り広げられますが、リンク自体が小さいので視界もわるくありません。

基本的には「タワー」を目指して、そこでマップを解放してそのマップ内を探索するのがメインとなります。これらはよくあるオープンワールドアクションゲームと同じですね。

この最低限の王道を踏まえた上で、ゼルダらしさも追求し、なおかつ綺麗な風景を作り出したのも非常に素晴らしかった。

自由度が高い

四神獣をクリアしてもしなくてもラスボスのガノンさえ倒せば終わりと言うシンプルな構造になっており、どれだけ倒しても一人も倒さなくても問題ありません。

この自由度は「洋ゲーの良さを取り入れたなぁ」って感じです。

たくさんのイベントを全部クリアしても良いししなくても良い。ガノンを倒してメインミッションをクリアしてからまた探索に出て全部のサブミッションをクリアしても問題はないわけですよね。

景色が綺麗

なんと言っても景色が綺麗です。

山を登って、その山の頂上から見下ろす景色だったり、逆に空を見上げたら龍が飛んでたり、ファンタジーな世界が見事に表現されています。

個人的には「任天堂のゲームはグラフィックが汚いから微妙」と言うイメージをずっと持ってました。3DSとかもそうですし、どれだけアイディアがあってもぐらふぃっくがなぁ…って感じだったんですけど、今作はかなり頑張っています。

もちろんPS4とかに比べれば綺麗とは言い難いグラフィックかも知れませんが、ゲームの面白さも込みで考えると十分な画質だったと個人的には感じます。

オープンワールならではの「どこまで先も見れる」ってのは、やはり個人的には好きですね。元々洋ゲー好きですし、オープンワールド大好きなので、この点もツボでした。

戦闘システムもシンプルで良い

武器と盾に耐久度がある代わりに、敵が使っている武器をそのまま使える点も個人的には嬉しいです。

「剣が壊れた!でもコイツから奪えば良いや!」って感じで戦えるのが良い感じです。

そして最低限の救済措置として「リモコンバクダン」を無限に使えるようになっているので、最悪でもそのバクダンで敵を倒して武器を奪えば良いって事になります。

狩りも楽しめる

動物を弓矢で射ってそこから肉をゲットして料理して、それで体力を回復するシステムも個人的には良いと思いました。

軽くモンハンも入ってるようなイメージですかね。敵を倒せば敵の部位も手に入り、その部位を使って防具を強化することも出来るので、ハンティングしつつオープンワールドで…冷静に考えるとモンハンこそこういう進化をするべきなんじゃないのか…ってちょっと思いました。

この「狩りで結構稼げる」っての、僕は終盤に気付いてしまったので、早めに気付くともっと楽しいと思います(笑)

スポンサードリンク

恒例の謎解きも楽しい

ゼルダの伝説と言えば謎解きが恒例だとは思いますが、今作もそれは健在です。

ハートやがんばりゲージ(ダッシュなどに必要)を溜めるために「試練の祠」に行って、それを何個もクリアしていくんですが、一つ一つが謎解きになっています。

パッと見た感じでも50個以上はあると思います…その祠がどこにあるのかを探して、見つけたらクリアするために謎解きをするので、まさに「冒険」をする事になります。

それもこのゲームの魅力の一つではないでしょうか?死ぬほど面倒になってきまsくえどね(笑)

自由度に慣れてないと難しいかも?

基本的に和ゲー(日本のゲーム)は、総ての行く場所を指示される事が多いです。

洋ゲー(海外のゲーム)は自由度を求められる事が多いので、複数のミッションを同時進行しても良いし、やってもやらなくても良いミッションが多い。

和ゲーでも自由度が高いゲームは増えてましたが「ゼルダの伝説」と言う、子供がたくさんやる任天堂のゲームでここまで自由度の高いオープンワールドアクションゲームがこれまであったのか、個人的にはあんまり記憶にないです。

更にSwitchのローンチタイトルでもある事を考えると…期待して買った人が「どこ行けば良いかわからん!つまらん!」と拒絶反応を起こす可能性はあるとは思います。

でも海外ではこれがデフォなので「神ゲーだ!」と言われるのは当然だとは思います。オープンワールドアクションゲームとしてん完成度も非常に高いです。

これまでやってきたゲームの中でもトップクラスの面白さでした。MGS5や龍が如く6なども神ゲーだとは思ってましたが、今作も間違いなく神ゲーだと僕は思います。

老若男女問わず楽しめる

他の18禁のゲームとは違い、ゼルダの伝説はあくまで全年齢が楽しめる健全なかつ楽しいオープンワールドアクションゲームです。

ストーリーに関しては「ほぼない」と言っても過言ではないレベルですけど、それでも「ゼルダのために頑張るリンク」と言う、いつものストーリーは健在なので、楽しめるとは思います。

また音声があるのも今回は面白かったかなとは思いました(笑)

僕も自分が攻略を終えたら妻や娘にもやってもらうつもりです。これだけ面白かったのだから、特に娘には「子供の頃にやったゲーム」として記憶に残してもらえたら嬉しいですね。

絶対に買って損はないと思いますよ!

ただ全部クリアしようと思うと何時間必要かわかったもんじゃないですけどね!

関連記事

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「炎の神獣 ヴァ・ルーダニア」攻略まとめ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「炎の神獣 ヴァ・ルーダニア」攻略まとめです。 オルディン地方でゴロンシティに行くと発生します。僕はその前にラネール地方、アッカレ地方(右上の方)をクリアしてから向かい ...

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「中央ハイラル地方」攻略まとめ

「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」中央ハイラルの攻略です。 中央ハイラル

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「ゾーラの里に辿り着け」「神獣ヴァ・ルッタ」攻略まとめ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのメインチャレンジ攻略です。 カカリコ村の真上辺りにある「ラネール地方」にあるゾーラの里のイベントとなります。 合わせて読みたいゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「ラネー ...

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「風邪の神獣 ヴァ・メドー」攻略まとめ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「風邪の神獣 ヴァ・メドー」攻略まとめです。 タバンタ辺境に移動してリトの村に行ってから…と言う事になります。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「ゲルド地方」攻略まとめ

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド「ゲルド地方」攻略まとめです。

Copyright© ゲーム攻略ブログ げむろぐ , 2017 AllRights Reserved.