「黒騎士と白の魔王」序盤をプレイしてみた感想と評価…戦闘を楽しめる別格RPG

投稿日: 94 views



黒騎士と白の魔王の序盤をプレイしたので、ここまでで感じた感想などを紹介していこうと思います。

黒騎士と白の魔王は配信前から全てが別格のクォリティと謳っており、かなり力を入れて作られているようです。

特に、戦闘に関しては他にはあまりないシステムを採用しており、奥深い戦闘ができるようになっているので、その辺りも含めて紹介していきます。

綺麗なアニメムービー

アプリをダウンロードしてゲームを開始するとすぐにムービーが開始されますが、そのアニメムービーはとてもクォリティが高く力の入れようが見て取れました。

ムービー1

ムービー2

ストーリーの所どこにこのような綺麗なムービーがフルボイスで挿入されていくので、ストーリーにのめり込みやすくなってより楽しむことができます。

さらに、アニメーション部分以外のストーリーでも全てフルボイスで進行していきます。

戦略的な戦闘が出来る

黒騎士と白の魔王では「ファイター」「ソーサラー」「ハンター」「ヒーラー」という4つのロール(役割)があり、その中から1つを選び戦っていくことになります。

パーティは最大4人で組むことができますが、プレイヤーが操作するのは1人のみで他のロールのキャラクターは基本的にはCPUが操作することになります。

戦闘画面

ファイター
パーティの盾役で敵の攻撃を自分に集める事が出来る
ソーサラー
範囲攻撃が得意で複数の敵に大ダメージを与えることが可能
ハンター
敵を気絶させることが可能でボスの必殺技を阻止することも出来ます
ヒーラー
味方を回復することを得意にしており、戦闘不能の仲間を組成することも出来ます。

ロールの役割には上記のようなものがあり、自分のロールにあったプレイスタイルで戦っていくことが重要になってくるので、戦略的な戦いを楽しむことができます。

ウェイトシステム

他のゲームでは戦闘でスキルを発動させる際は、タップするとすぐ発動しますが、本作では発動するまでにかかる「Wait」と言う時間が設定されていて、その時間の経過後にスキルが発動するシステムになっています。

ウェイト

このウェイトシステムは敵も同じように、指定された時間の後に攻撃を仕掛けてくるので、これを確認しながら、ハンターが気絶させたり、ファイターの挑発などで攻撃をそらせたりすることで、ダメージを最小限に抑えることなどが出来ます。

このような駆け引きも戦闘中に行うことができ、他のプレイヤーと連携を取ることでさらに戦闘を楽しむことが出来ます。

他のプレイヤーと協力する事ができる

クエストを始める時は一人でも、戦闘前の設定で「乱入許可」をONにしていると、同じクエストをプレイしているプレイヤーやフレンドが戦闘に参加することが出来るようになっています。

強いボスや難易度の高いクエストなどでは、他のプレイヤーと協力することでより有利に戦闘を行うことができるようになります。

さらに、乱入はスムーズに行われるので、戦闘中に他のプレイヤーが入ってきても戦闘が止まったりすることは少なくストレス無く協力プレーを楽しめるのはとてもありがたいです。

自分が他のフレンドの戦闘に乱入する際も、ホーム画面の「フレンドの戦闘に乱入する」をタップするだけで簡単なので、手軽に協力プレーができるのはとてもおもしろいです。

スポンサードリンク

ガチャは最高レアが出やすい

黒騎士と白の魔王では、ガチャを回すのに「魔宝石」をいうアイテムを25個使用すると1回ガチャを回すことができ、250個で10連を回すことが出来ます。

ガチャ

従来のゲームでは最高レアの排出率は数%や1%以下だったりすることは珍しくありませんが、本作では最高レアのSSRの確率が「12.8%」と群を抜いて高くなっています。

なので、確率的に言えば10連を回せば1体はSSRが手に入るという計算になるほど高確率で入手することができます。

せっかくガチャを回すためにアイテムを集めても全く出ないとなるとやる気もでないのでこれはとてもありがたいです。

さらに、ガチャには自分の欲しいロールのキャラが出やすいようにロール毎のガチャがあるので、キャラを無駄にし難い配慮もしてあります。

幅広い育成要素

キャラは他のゲームを同じように強化素材を使用して強化していくことが出来ますが、さらに主人公も育成していくことが可能になっています。

先程も紹介したように、4つのジョブがありその中から主人公のジョブを選んでいきますが、ジョブを育成していくことでさらにジョブの中でも枝分かれして成長していき、自分の好きな特性を持つ主人公に育成していくことができます。

ジョブ種類

例えば、ファイターの基本は高い防御性能を活かして敵のヘイトを集めて攻撃を受けるという役割ですが、ジョブを成長させていくとそのまま防御力をさらに上げていく「ナイト」と、攻撃に特化させる「ウォーリア」に枝分かれしていきます。

なので、自分は攻撃でダメージをもっと与えたいという場合はウォーリアへ進んで行くことができ、自分の好きなスタイルに育てていくことが出来ます。

ジョブの成長には「ジョブボード」というシステムで成長させていくことになりますが、そこでも自分の好きな道順で進んでいくことが出来ます。

ジョブボード

さらに、最短で次のジョブまで進んでもいいですし、そのジョブにある能力アップマスを全て取得していくのも自由です。

アクセサリーで追加ステータスを得る

主人公には計7つのアクセサリーを装備させることができ、アクセサリー毎に付いている基礎効果のステータスを主人公のステータスに付与する事ができます。

さらに、アクセサリーは「生産所」で生産することができ、その際に基礎効果とは別に追加効果を付与することが出来ますが、それはランダムで決まっていくので、納得のいくまでより良いステータスが出るまで作り続けるというのも面白いかもしれません。

アクセサリー追加要素

同じアクセサリーを合成していくとラックが上昇していき、装備するとクエストの追加宝箱のドロップ率が上昇していくので多く作っても無駄になることはありません。

イマイチな点

若干ですがイマイチな点もあったので少し紹介しておきます。

画面移動が重い時がある

全てが重いという訳ではありませんが、ホーム画面に戻る時などに時間がかかります。

マッチングをよくするゲームなので仕方ない所はありますが、もう少しサクサク移動することができたら更に快適にプレイすることができるかなと思います。

今現在(2017/5)では緊急メンテナンスなどを行って不具合の調整などを行っているので、その内によりよいものになっていくと思います。

コンテンツが少ない

これもまだリリースしてあまり時間が経っていないので仕方ない所もありますが、プレイできるコンテンツがまだ少ないように感じます。

コロシアムが近日中に解禁されるようですが、今の所はストーリーとイベント、ギルドバトルしかプレイするものが無いので少し物足りない感じはします。

キャラを強化しにくい

黒騎士と白の魔王にも強化素材が手に入る時間限定のクエストはありますが、開放時間が20分や30分と時間が短いので、少し忘れていると終わってしまっていることがあります。

個人的にはもう少し時間を伸ばして欲しいと思うところはあります。

まとめ

以上が黒騎士と白の魔王の序盤をプレイしていみた感想でした。

イマイチな所も書きましたが、ほとんどがよくある似たようなゲームではなくオリジナリティのある要素が組み込まれていたり、戦闘をより楽しくなる工夫がしてあり作り込まれたゲームになっていると思います。

これから先持っといろいろな要素や改良が加えられてより良いゲームになっていくゲームだと思うので是非プレイしてみて下さい。

関連記事

「黒騎士と白の魔王」効率的なリセマラのやり方と狙うべき当たりキャラまとめ

黒騎士と白の魔王のリセマラの方法とオススメのキャラについて紹介していきます。 黒騎士と白の魔王のリセマラは比較的簡単に行うことが出来るので、手間はかかりませんがインストールに時間が多くかかってしまいま ...

「黒騎士と白の魔王」ジョブポイントの稼ぎ方とジョブボードの進め方についての解説

黒騎士と白の魔王にはキャラのレベルアップでの強化はもちろんの事、主人公自身の強化も行うことができます。 その際に利用することになるのが「ジョブボード」です。 このジョブボードを利用するには「ジョブポイ ...

「黒騎士と白の魔王」バザーの使い方と活用方法…バザーをフル活用して恩恵を得よう

黒騎士と白の魔王の特徴的なシステムの1つとして「バザー」の存在があります。 バザーではアイテムを購入できるだけでなく、自分の持っているアイテムも売りに出すことが出来るようになっています。 PCゲームな ...

「黒騎士と白の魔王」キャラの強化と戦闘力を上げる方法まとめ…キャラだけでなくジョブボードも進めていこう

黒騎士と白の魔王では強さの目安となる「戦闘力」が数値化されており、それを上げることで強くなっていく事ができます。 戦闘力を上げるにはキャラのレベルを上げることはもちろんの事、主人公のジョブを強化してい ...

「黒騎士と白の魔王」SSRキャラ一覧と評価…おすすめロールなどまとめ

「黒騎士と白の魔王」SSRキャラ一覧と評価、おすすめロールなどまとめ 黒騎士と白の魔王ではガチャの確率が非常に良く、1度10連を回せば1つは最高レアのSSRキャラが出てくるくらいの確率です。 SSRキ ...

Copyright© ゲーム攻略ブログ げむろぐ , 2017 AllRights Reserved.