HEAVY RAIN-心の軋むとき-クリアした感想と評価…子持ちにこそやって欲しいサイコミステリーADV

SCEから発売されている名作「HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-」をクリアしたので感想を書いておきます。

たまたま2018年4月分のPSプラスのフリープレイで来てまして、暇潰しにやってみたんですが非常に楽しかったです。今回僕がやったのはPS4版ですが、Amazonで見ると無いっていう…ダウンロード専用なんかな?

何にせよ思ったより、楽しかったサイコミステリーに入るストーリーなのかな?ジャンルはアドベンチャーゲームですね。

ってわけで何が面白かったのか説明していきます!ちなみにこれ、子持ちの人にこそやって欲しいです(笑)

どういうゲームかはこれを見れば大雑把にわかります(笑)

スポンサードリンク

操作が独特なアドベンチャー

ヘビーレインは操作が独特なアドベンチャーゲームとなっています。アドベンチャーゲームってどういうのかと言うと、まぁ基本的には話を聞いているだけな感じ、映画を見ている感じでそれを自分で操作出来るってぐらいかな。

主人公が4人、おっさん、デブの探偵、刑事、記者の女性となっております。

この4人を交互にプレイして話が進んでいきます。基本的には全員時系列に動かす事になり、どの選択肢を取ったかでストーリーが変動していきます。全員にバッドエンドもハッピーエンド(たぶん)があるので、それらも楽しめます。

ただこの操作が独特、R2で前進してLスティックで左右を決めれるんですが、左右が画面の視点そのままになっているんですけど、移動していると勝手に視点を変えられるタイプです。

L1で視点は複数の物に切り替える事が可能ですが、今時って基本Rスティックで自由に視点は動かせるじゃないですか、それがないんですね。だから凄く操作しづらい。

Rスティックは基本的に動作を決めるために存在しており、扉を開けたりする動作は扉に近づいたらアイコンが表示され、その通りに右スティックを動かす事で動作するようになる。

この前後左右の移動が凄くやりづらいのがこのゲームの最大のストレスポイントになっているので注意です。

バイオハザード1のようなうっとうしさがあります…(笑)

没入感が素晴らしい

右スティックを使って「これやる必要あんの?」って所まで動作をさせられます。他にも全ボタンを使って、連打したり長押ししたりして色々な動作を決める事になるんですが、その結果没入感が凄いです。

いちいち主人公が扉を開ける度に操作がいるし、本を開くにも操作が必要。だから「常に自分が動かしている」事になるんですよ。

その結果物語が進むに連れて、誰かと戦闘になったりする時も必死に操作しないといけません。ちなみに今回は常時妻にプレイさせたんですが、危ないシーンでは本当に焦ってまして、死んだらマジでその主人公は死んじゃうわけなので、必死ですよ(笑)

この「ゲームにのめり込んでいる」っての凄いと思うんです。僕みたいに昔からゲームをして育った人間じゃなくて、妻は全然ゲーマーじゃない、だけど操作が簡単そうだから「今回はやってみなよ」ってやらせてみたんですが、何故か妻がハマりました(笑)

ちなみに横で酒飲みながら見てたら僕は途中で何度か寝ましたが…(笑)

プレイしている本人は凄く楽しかったようです(笑)

ストーリーも練られていて良かった

ジャンル的にはサイコミステリーとでも言うべきか、ストーリーも実に練られて良かったです。

ただストーリーについて語ってしまうとゲームをやる意味が無くなるので、言えません(笑)

とりあえず良かったとしか…。

洋ゲーのアドベンチャー有りだな

今回はPSプラスのフリーゲームでやったので、実質無料でやったようなもんです。いやまぁ月額課金は払ってますが…(笑)

でもこれをきっかけに洋ゲーのアドベンチャーありだなーって思ってきました。ってか妻がやりたがっています…(笑)

どうでも良いけど、以前PSプラスのフリープレイでやった「ライフイズストレンジ」も同じように面白かったのでオススメです。

ちょっとアドベンチャーゲームをしばらく漁るかも知れません…。

ちなみにちょっとだけ話しがエグいです(笑)