サイコブレイク2をクリアした感想と評価と攻略まとめ…ゲームシステムは楽しくなったが怖くない

サイコブレイク2をクリアした感想と評価です。

最近のプレイステーションストアは割引が結構凄くて、2,000円ぐらいで買えたのでついつい買ってしまいました…(笑)

元々1はクリア済みで、結構楽しめた記憶があったので、とりあえずやってみました。

どうでも良いけど1もめっちゃ安くなってたので、改めてPS Storeでダウンロードしてやり直してから2をプレイしました。

個人的には「2の方が面白かったかなー」って感じはします。

ただし改めてただのアクションゲームになっておりました。

スポンサードリンク

ストーリーが怖くなくて微妙になった

正直な話、ストーリーは1の方が数倍良かった。2になって全部ネタバレしているのもありますけど、つまらなくなりました…(笑)

ストーリーに関しては本当に「あ…そうですか…」程度の印象、1の時は「これは何が起きてるんだ!?」的な怖さもありましたし、クモ女さん怖いし「一体何が起きたんだ!?」的な恐怖心やら色々あったんですけどね…。

2に関してはひたすら「そうですか、大変ですね」ぐらいの印象で、なんか特に驚く事もなければ「ふーん」的に終わってしまいました…。

サイコブレイクの怖さも完全ん消え去ってしまいまして、せいぜい「せばすちゃ~ん」ってコントローラーから声がすぐおばさんがちょっと怖かったぐらいかなぁ…って感じです。

恐怖心は本当に全く煽られない

1の時は色々と気持ち悪いステージや敵も多く、メンタルやられそうになるゲームだなぁ~って改めてプレイしても感じました。

ですが2に関しては全然「セバスチャンおばさん」と勝手に命名したおばさんがいるんですけど、セバスチャンおばさんが初登場した時に怖かったぐらいですね。ラララ~って歌ってるし。

この怖さが失われたのはちょっと残念ですね。

精神世界のメリットもあまり活かされず

1の時は知らない間に精神世界に移行してて「なんぞこれ」って感じが強く、セバスチャンと一緒にプレイヤーも「何これこええええ!わけわかんねええええ!」って感じで最初はプレイさせられたものですが、2はもう全部わかっているので…(笑)

その時点で怖さが半減してしまったと言うか…なんか精神世界のメリットがあまり活かされなかったなぁ…って正直感じております…。

1の時ぐらいガンガン使ってくれた方が良かった気がします。

ただのゾンビゲーになった

それはまぁ1でも似たようなもんですが、ただのゾンビゲーになりました。

しかも何で敵がゾンビなのかも特に説明はなく「まぁその方が怖いよね」ぐらいの開発側の都合しか見えませんでした、辛い。

敵が幽霊だと銃で撃ち殺せないし、まぁゾンビにして撃ち殺すしかなかったんだろうなぁ…ぐらいの…。

だからよけいに怖さがなかったんですよね…。

操作性はマシになった

操作性に関しては結構マシになりました。

一番大きいのは「FPSモード」が入った事ですね。

ガチで戦闘する時はFPSモードにして戦うぐらいの方がベターかなと、ただあくまで銃撃する時ぐらいしか使えません。

結局左右背後から来られたら全く見えないので…(笑)

狙いづらい事は変わらず

他のシューター的なゲームに比べてやはり照準を当てづらいです。

特に今回はクロスボウが狙いづらいです…めっちゃくちゃ頻繁に外しました。照準がどこにあたってるのかサッパリわからず。55インチぐらいの4Kテレビですら「どこ!?」ってわからんくなるぐらいでした…(笑)

どうしてこのゲームはこうも照準が狙いづらいのか…と思いつつ…弾薬が貴重なゲームだからこそ、バランスを考えてそうしてるのかもですが、なんかやっててイラッとしてしまうのも事実です…。

懐中電灯をつけててもバレなくなった

これどうかなーって思ったんですけど、前回はライトつけてたらバレてたのに、今回はライトつけてても敵が気づかなくなりました。

序盤はちゃんと僕は敵の付近では消してたんですけど、ばれないって気付いてからはライトは常時つけっぱ、緊迫感が更に薄れてしまいました…(笑)

ゲームシステムはダントツに良くなった

例えば序盤はマップがあって家の中などを探索していく事で弾薬などをゲットしていく事が出来るのは楽しい。

またそこらで信号をトランシーバーで受信して、場所を特定していく探索的な要素も非常に楽しかった。

一番楽しかったのが序盤ってのがちょっと悲しかったけど…(笑)

アイテム探索が楽しい

初めて行った場所ではひたすらアイテム探索をしてしまうようになりました。

それもこれも今回もアップグレード要素が多いからですね。

ギアを手に入れて武器を強化して、グリーンジェルを手に入れてセバスチャン自身を強化出来ます。

またロッカーの鍵を手に入れれば、運が良ければグリーンジェルやギアを大量に手に入れる事が出来ますし、他の弾薬などでもロッカーに置いたままにしておけば、非常用として保持する事も可能。

そういう意味で色々な物を漁る探索が凄く楽しかったです。

多少見逃してもまた戻れるようになった

もちろんイベントとして一度行ったら二度と戻れない場所も多数あります。

ですが序盤の街とかは結構戻ってアイテムを探索する事が可能になっています。

またある程度進んだらリセットされて、またゾンビ達が復活するようになりますが、そうなるとアイテムも復活するので、まだギアとかを回収する作業が捗るのでそれはそれで楽しいです。

制限がある中での戦闘は楽しい

前回も似たような所はありましたが、弾薬はもちろん武器改造にも制限がある状態で戦ってくのはまぁ楽しいです。

こういう場合、どうしても僕はケチって戦うので弾薬は最終的にめっちゃ余るんですけども…(笑)

ただまぁ敵を皆殺しにしてもある程度の弾薬は余るので、絶妙なゲームバランスだったかなーとは思いました。

ただこれが難易度を上げていくともっと弾薬は足りなくなるんでしょうけどね…(笑)

簡単な攻略法

大雑把に攻略法もついでなので書いておきます、ネタバレを考えるとあんまり書く事もないんで…(笑)

ヘッドショットを癖付けよう

基本的にはヘッドショットが総てです。

ショットガンなら狙いやすいから大雑把で良いんですが、ハンドガンだと特にですね。

武器改造が出来るようになったら「クリティカル率」を高めにしてヘッドショットを狙えば良いだけ、ある程度強くすれば雑魚ゾンビは一撃で殺せるようになる。

これで大幅に弾薬の消耗を抑える事が出来ます。

スニークキルをマスターしよう

設定によってボタンは異なりますが、セバスチャンをしゃがませた状態で敵にそっと近付いて、背後から○を押して殺す「スニークキル」を有効に使いたい。

雑魚はこれで一撃ですし、強い敵もこれを2~3回繰り返す事で殺す事が出来ます。

敵が素早くてすぐ追いつかれる場合は別ですが、足が遅い敵だと見つかってもダッシュで逃げて隠れたら見失ってくれます。

そしたらまた背後からスニークキルすれば良いだけ、火炎放射器を持ってるヤツなんかもこれの繰り返しで殺せます。

序盤からスニークキルをマスターしておけば弾薬はかなり節約する事が可能になります。

基本的にはまずは全員スニークキルで殺すつもりで行動する事をオススメします。

ショットガンとマインボルトがオススメ

改造する順番ですが基本的にはショットガンを強くしておいて「ヤバイ時はショットガンで殺す」ようにするとベターです。

また敵が複数の場合はマインボルトで殺すのも手、この2つをある程度強化しておくとかなーり便利。

またスモークボルトを三段階目ぐらいまで強化すると、煙がある間はスニークキル出来るようになるので、めっちゃくちゃ簡単に倒せるようになります。

弾薬がもったいないって人はこっちを使うのもベターでしょう。特に火炎放射器野郎なんかを殺す時には楽になるのでオススメです。

安くなってる時に買うなら全然オススメ

ぶっちゃけフルプライスを出してまで絶対に買うべきゲームかと言われれば「うーん」と思ってしまいますが、3,000円以下なら「やって損はない」って言えるゲームですね。

グラフィックもある程度綺麗ですし、変なクソゲーに比べれば全然良いです。

ぶっちゃけこの後に某ゲームがPSプラスで無料でやれたからやってみて「なんだこのクソゲーは…」と固まってしまったので…(笑)

そういうのに比べればサイコブレイク2は全然良いゲームだったなと、楽しいゲームだったと改めて感じました(笑)

ってわけで2~3,000円以内になってる時なら買ってプレイしてみて損はないと思いますよ!

ただ怖さを体験したいなら1の方がオススメですし、1をやってないと意味がサッパリわからないので、2だけをやるよりは1を先にプレイする事を強くオススメします。